特に22時〜深夜2時までの4時間は肌のゴールデンタイムと言われ、肌の生まれ変わりが更に盛んになります。

この夜10時から深夜2時の間にぐっすり寝ることが何にも勝るお肌の手入れ方法ということは疑いようのない事実です。

ピーリングというのは、役目を果たしてしまった角質層をピール(peel:はぐの意味)することにより、若くてダメージのない肌に入れ替えて、新陳代謝を正常化する優れた美容法です。

美白という考え方は1990年代の終わり頃に化粧品会社創業者の鈴木その子が提案して人気になったのは記憶に新しいが、それ以前からメラニンの沈着による皮膚トラブル対策のタームとして活用されていた。

夏、強い紫外線を浴びたときに極力ダメージを小さくする方法は3つ。
1.日焼けして赤くなっている部分を冷やす2.いつもより多く化粧水を付けてきちんと潤いを与える3.シミ予防のためにも表皮を剥いては絶対にダメ加齢印象を強くしてしまう中心的な誘因のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。

一見ツルツルしている歯の外側には、見えないくらい小さな凸凹があり、日々の暮らしの中でカフェインなどによる着色やタバコの脂などの汚れが付きやすくなります。

美白指向には、1990年頃からあっという間に女子高校生などに取り入れられたガングロなど、不自然なほど酷く日焼けする奇異な渋谷系ギャルファッションへの反論的な思いが内包されているのだ。